化粧品は生ものなのです

食品と化粧品、この二つはどちらも同じ生ものです。食品を手に取ってみると、必ず賞味期限もしくは消費期限の日付を確認することが出来ます。一方で化粧品はどうでしょう。おそらく、この記載がない場合が多いと思います。どちらも品質を永久に保つ事は出来ないにもかかわらず、何故このような違いが生まれるのでしょう。これは、薬事法により、未開封の製品を通常の保管の仕方で三年以内に性状及び品質が変化するおそれのあるものだけ使用期限の明記が義務づけられているからです。

すなわち、それ以外の製品には明記する必要がないのです。義務づけされている製品には、何日以内に使いきって下さい、もしくは何日を目安に、等という表示があります。そういった製品は多くの場合、防腐剤無添加だったり極めて防腐剤の少ないものです。しかし、明記されていないものは、いつまでも使用して良いわけでは勿論ありません。表示ない場合でも、未開封のもので一年から三年といわれています。メイクアップ用品は、スキンケア用品よりも長期の保存が可能な場合があり、五年くらい保存出来るものもあります。店頭に並ぶものは、大体三年経過したものは普通回収されるようです。また、一度開封したものは、蓋を開けた瞬間から酸化がはじまりますので、未開封のものよりぐっと期限が短くなりワンシーズンである三ヶ月以内に使いきることがおすすめです。

しかし、これらは通常の状態で保存した場合ですので、まず少しでもおかしいな、と感じたら使用をやめることが肝心です。一般的に、水分の多い液状の製品は劣化しやすく、パウダーファンデーションなどは長持ちすると言われています。この事を念頭に、化粧水や乳液等は油分が分離していないか、変色していないか、臭いがおかしくないかをチェックしてみましょう。勿体ないと言う理由で、肌トラブルを引き起こす原因を作らないようにしなければいけません。古い製品で、トラブルを起こさないためには、化粧品と上手に付き合っていく必要があります。まず、製品を購入したら、本体に購入日開封日を自分で書き込むことです。また、直射日光があたらない冷暗所に保管します。夏場は部屋の温度や湿度が高くなるので、特に注意が必要です。中には、冷蔵庫保管が推奨されているものもあります。この場合、冷蔵庫から出して使用したなら、またすぐに冷蔵庫にしまうことが大切です。どうしても使いきれないものは、ボディに使用したりマッサージに使用するのもおすすめです。しかし、何よりも肝心なのは、自分の使いきれる量を把握して、適切な量以上を増やさないことだと思います。魅力的な製品が沢山売られていますから、あれもこれも手を出したくなりますが、どんなに購入しても顔は一つしかありません。購入の際は、サンプルを貰ったり、トライアル商品を購入してみるなどしてお気に入りの一品を見つけるのが賢いと思います。化粧品は、生ものですから消費期限が明記されていなくても、このような点に気を付けながら、上手く付き合っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*