保存水を購入しました。

始めて大きな東日本大震災を間近で見て人ごとに感じていた事が改めて自然災害に付いて考えるキッカケになりました。救援隊が来てくれるまで自分達に力で生き延びる為に家族に必要な物が何かを調べてみました。人間が生きていく上で欠かせない物を調べていく中で保存水と言う物がある事を知りました。数年持つ物から十年間保存出来る物が有ると言う事も始めて知る事でした。せめて3日分ぐらいは家族全員で飲めるだけを準備したいと考えてネットで防災用品を扱うお店を探しました。自分達の命を守ると考えれば値段がかなり高い物でしたが必要経費と思いました。あの東日本大震災と同じくらいの規模で都会で起これば救援隊が来るまでの期間はさらに伸びる可能性がある訳ですから自分で準備すべきだと思います。

どんなときも安心

保存水が自宅に有る事でこれから先断水や自然災害など何が有っても取り敢えず飲み物だけは心配しないで済むと思っています。現在売られている中でも長い期間大丈夫な保存水ですがそれでも十年は過ぎてしまえばあっと言う間だと思いますから定期的に有効期限を確認したいと思っています。かなり長い期間ですから確認を怠り使用できなくては困りますのでどのような点検の仕方が間違い無いか考えています。毎年の防災の日を点検する為の日として一年に一度の点検をしたいと思っています。使用される事がなく次の点検日まで過ぎて欲しいと思います。今まだ有効期限がバラバラなのでどこで期間を合わせようかと悩んでいます。

有効期間が異なる

何種類か保存水を購入しましたが有効期間が2年から3んねんぐらいの物から十年間有効な物まで有りました。値段を考えながら短い期間の物と長期で有効な物を準備しました。大きな倉庫に余裕が有りますのでこれから先も短い有効期限の物から試して見て最大で長く保存出来る物に変えようと思っています。十年なら区切りがつきやすいですからもしもの時に期限切れにならないで良いと思います。近くに住んでいる家族はまだ若くて予算が有りませんからその家族の分と合わせて少し多くの在庫を確保出来るように買い足して行きたいと思っています。震災の直後はどこの会社も在庫がなくてあれば良いと思い有効期限まで統一する事が出来ませんでしたがなるべく早く管理の徹底を行いたいと思っていますので現在の在庫の状況から対策をしたいと思っています。今は有効期限が短い物から見えるように並べていますが影に隠れていて折角準備していたものが無駄になっては大変ですからもう一度点検しておこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*